月別アーカイブ: 2005年9月

RYUとぴあイベント

平成17年9月3日
旧小野瀬邸、RYUとぴあイベント

 

 9月3日(土)今年もRYUとぴあ2005籠宮フェステバルが龍ヶ崎大通り商店街で行なわれました。(主催 RYUとぴあ2005籠宮フェスティバル祭典実行委員会)
私たち市民の会が保存・運営に携わっている旧小野瀬邸に於いても、盛りだくさんのイベントが行なわれ道行く人の目を釘付けにしました。店舗前大通りに面して、お馴染み龍神太鼓と愛染弦妖さんの津軽三味線の演奏が行なわれました。店舗土間では龍ヶ崎華道協会によるチャリティーフラワーバザール及び華道教室。金庫の間では、恒例のお茶会。二階では高野鶴玄さんによる講談が行なわれました。そして地元上町商友会によって庭園がライトアップされ、そこで津軽三味線の演奏会が行なわれました。

 

 今回の旧小野瀬邸で行なわれたイベントは、私たち市民の会が主催したものではなく、旧小野瀬邸をRYUとぴあ2005実行委員会及び一般への貸し出しの形で行なわれた企画です。
旧小野瀬邸が登録文化財に登録されたことや、登録文化財記念イベントを開催したことによって、注目が高まり、この古い建物が様々なイベントに対応出来ることが分かったのです。 また、市民の間でも、ここで開催されるイベントを楽しみにされている方が大勢居られます。だからこそRYUとぴあフェスティバルに合せて、様々な企画の申し込みがあったのです。

 


お馴染み龍神太鼓。

 

 龍神太鼓は龍ヶ崎市を代表する郷土芸能です。その由来は「龍を呼び雨を降らせ!」というお祈りで、五穀豊穣,商売繁盛を祈願する太鼓として、昭和50年に保存会が結成されました。それ以後、市内で行なわれる様々なイベントに出演されています。
イベントを盛り上げるのに一役も二役も、 龍神太鼓保存会の皆さま、今年も素敵な演奏をありがとうございました。

 

 

 

 旧小野瀬邸に花を添えた龍ヶ崎華道協会の企画、チャリティーフラワーバザールと華道教室。
華道教室には、たくさんの小中学生が参加して、生け花の楽しさを体験しました。

 

 


お茶会

 

 恒例のお茶会です。旧小野瀬邸のイベントに対応したお茶会は堅苦しさはなく、とてもリラックス出来ます。今回は無料のお茶会ということで、たくさんの方々が、お茶の味を楽しまれました。

 

 

 

サンバパレード

 

 旧小野瀬邸前の大通り商店街ではサンバパレードが始まりました。大胆な衣装のお姉さんたちの後を、少年少女の愛らしい行進が続きました。(写真左)
東京浅草から2組のサンバグループが駆けつけてくださいました。

 


上町商友会イベント

 

 上町商友会では、旧小野瀬邸庭園をライトアップするとともに、庭園への入り口で焼き鳥及び八坂の赤飯、おこわ、草もちの販売を行を行ないました。皆様から安くて美味しいと評判でした。

 

 

RYUとぴあ寄席
高野鶴玄さんの講談
高野鶴玄さん

 

 2階、風の間・雲の間二間続きの部屋では、取手市在住の高野鶴玄さんによって「RYUとぴあ寄席」が演じられました。龍ヶ崎ではめったに聞くことが出来ない講談です。題目は『忠臣蔵』と『山内一豊の妻』の二題でした。
「私は素人です。」という高野さん。しかし、その歯切れの良い口上はプロも顔負けです。
高野さんは、春に森林公園で開催されたコロッケ祭りで、コロッケ口上を演じて以来、龍ヶ崎と縁が深まったそうです。

 

 


上町商友会によってライトアップされた旧小野瀬邸庭園

 

 夜空に津軽三味線の音が響き渡りました。ライトアップされた旧小野瀬邸庭園では、去り行く夏の夜を惜しむべく、たくさんの方々が演奏を聞き入っていました。