「千代倉社中」お茶会

平成16年5月9日
「千代倉社中」お茶会

 

 5月9日、龍ヶ崎市内を中心に活動する茶道の会「千代倉社中」主催によるお茶の会が旧小野瀬邸で開かれました。会場にはお弟子さんはもとより、市内の茶道愛好家の方も参加され、総勢150名の方が旧小野瀬邸という古い佇まいの中で、お茶の会を楽しまれました。

これまでも、市民の会主催の旧小野瀬邸お茶会において、千代倉社中様には何度も協力して頂きました。今回は千代倉社中様が主催するお茶会で、私たち市民の会は微力ながら会場準備と広報面のお手伝いをさせて頂きました。
旧小野瀬邸を個人の茶会の会場として貸し出す、初めての試みとなりました。

 


和服姿のご婦人が多く、どの部屋も華やぎました。

 

 

受付 庭園に用意された野点

 

 

 

会場の雰囲気を盛り上げる
琴の演奏
入り口に用意された茶席

 

 

 

 今回のお茶会のため和服をお召しになられた旧小野瀬邸オーナーの菅井さん。とてもお似合いですね。
前日、待ちに待った登録文化財のプレートが届き、喜びひとしおで、当市民の会としても嬉しく思います。
旧小野瀬邸正面玄関にて、当市民の会の片山会長と佐川副会長とともにプレートの記念写真を撮りました。